奈良女子大学学術情報センター
 所蔵資料電子画像集   江戸時代紀行文集 

 

おかげもうでの日記

 

本  文 付翻刻
 

 江戸時代、数次にわたっておこった伊勢神宮への集団参宮<お陰参り>の様子を、当時16歳であった松坂在住の若き国学者大平が書き留めたもの。
 大平は後に本居宣長の養子となり本居家を継いだ人物である。
 本書は世に出すつもりもなく書かれたもので、お陰参りの単なる記録書に留まらず、其れを眼前にした随筆のような面も持つ。大平という人物の一角を窺える作品となっている。
 

翻刻文・コメントの作成については、本学文学部
   日本アジア言語文化学講座の学生の協力を得ました。


Copyright (C) 1998-2014 Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved.