学術情報センター
画像DB
雑 誌 伸 び て 行 く    奈良女子高等師範学校附属小学校
   學習研究会 編集
 雑誌伸びて行くは奈良女子高等師範学校附属小学校の教育研究の発表の一つの場として、大正10年(1921)から昭和2年(1927)まで、7年にわたって刊行されたものである。  これは児童を対象にした月刊雑誌で、児童に対して「学習」のしかたを知らせ、奈良女子高等師範学校附属小学校の教育方法を全国に広めようという願いを担ったものであった。

児童は蕨芽のように伸びて行く。

しかも力強く伸びて行く。

児童は「伸びて行く」ことによって、

学習の導きを得る。

学習の問題を捉える。

その解決を発表する。

誌友互いに思想を交換する。

広く趣味ある読物を得られる。

児童はこうして伸びて行く。

蕨芽のように伸びて行く。